薬剤師が地方に出稼ぎ!派遣で働くのがおすすめ!?

せっかく薬剤師免許を取得したからには「稼ぎたい」という薬剤師は多いでしょう。しかし、都心部では薬剤師不足が解消してきているため、大きく短期で稼ぐのが難しくなっています。

他の学部より高い学費を払い、勉強に時間を費やしてきたのに稼げないのは残念ですよね。

まだまだ薬剤師が不足している地方では稼ぐことができるため、稼ぎたい薬剤師は地方へ出稼ぎするのがおすすめです。

そこで、今回は派遣薬剤師として地方へ出稼ぎするのがおすすめの理由と、出稼ぎに行く地方の選び方についてご紹介します。

20代、30代の薬剤師で、今の給料に不満があるならぜひ参考にして下さい。

なお派遣薬剤師という働き方に不安があるなら、正社員で働いた方が良いです。

この記事の要点
都心部では薬剤師資格だけでは稼ぎづらくなっているので、数年ほどの短期で稼ぎたいなら地方に出稼ぎがおすすめ。

派遣なら「薬キャリ」、正社員で高年収希望なら「マイナビ薬剤師」で求人を探し、地方で安心して働くのがおすすめです。

薬剤師こそ派遣薬剤師として地方へ出稼ぎするのがおすすめの理由

薬剤師は免許さえあれば、どこでも就職することが可能です。そんな状況の中でも、なぜ地方へ出稼ぎするのをおすすめする理由を解説していきます。

若いうちでも稼げる

就職に強い薬剤師といっても新卒で稼げる金額はたかが知れています。特に都心部であれば、年収300~400万円と一般学部と比較して変わらない水準です。

年功序列が崩壊しているとはいいつつも一般企業であれば能力次第で社歴を重ねるごとに出世する可能性があります。

最初こそ給料が安いですが、ポストが空くタイミングで出世して徐々に給料を上げていくことは可能です。

しかし、薬剤師の場合にはポストがなく一般薬剤師から管理薬剤師になり手当が増えるくらいしか給料の伸び代がありません。

そのポストも年配の薬剤師が定年までいれば、なかなか空かないため若いうちから活躍して高収入を得るのは難しいです。そのため、薬剤師の少ない地方へ行き出稼ぎするのがおすすめなのです。

地方への出稼ぎであれば、若いうちから稼ぐことができます。若いうちから年収700~800万円と稼ぐことが可能なのです。

さらに、好条件の求人では年収1,000万円を超える求人もあります。都心部の病院や薬局では、定年まで勤め上げても手の届かない金額を若いうちに手にすることができるのです。

人間は年を取るごとに行動力が低下していき、リスクを取ることができなくなるため考え方も保守的になってきます。

しかし、若いうちであればやり直しがきくためリスクを取ることができて大胆な行動も可能です。

出稼ぎで稼いだお金で起業したり、株式投資や不動産投資をしたりと人生において選択肢が増えてきます。

若いうちに稼げるかどうかでその後の人生は大きく変わるため、地方への出稼ぎがおすすめなのです。

地方ならではの経験ができる

「都心の人間は冷たい」という話を聞いたことがある人も多いでしょう。都心に住んでいる人と地方に住んでいる人で大きな違いがあることは明らかです。

地方では村社会が形成されており、都心とは違うコミュニティが築かれていることが多いです。そのため、都心ではあり得ない地方ならではの経験ができます。

例えば、地方では薬剤師は先生と呼ばれることが多く、差し入れを持ってきてくれる患者さんも多いです。

自分の畑でとれた野菜や自分のお店で売れ残ったお菓子やパンなどを持ってきてくれることも頻繁にあります。病院や薬局によっては、断るように言われるかもしれません。

そのような制限がない場合には食費を浮かせることができるので出稼ぎで収入は増えるのに地方で家賃は安く、さらに食費まで安くなるなんて最高の環境に思えるでしょう。

しかし、それには落とし穴があります。

地方では、助け合いの精神が都心よりも強く、もらったらお返しをするのが常識です。施されたら施し返す必要があるので、物でもサービスでも良いので相手に伝わる形でお返しをするのが重要です。

それを忘れてしまうと、常識知らずのよそ者扱いされてしまい上手くやっていけない可能性があります。

「郷に入れば郷に従え」ということわざもあるように、その地方それぞれのしきたりやルールなどがあります。

これは都会だけでしか働いたことがない薬剤師は経験ができないので、地方に出稼ぎに行くことで価値観を広げることにも役立つのです。

チヤホヤされる

都心には多くの薬剤師がいます。薬剤師不足が解消されている状況なので、薬剤師といえども競争が始まっているのです。

他の薬剤師と差とつけるために勉強会に参加したり、専門薬剤師の資格を取得したりと休日でも自己研鑽に励んでいる薬剤師も多いでしょう。

休日でも薬剤師としてどう生き残るのか考えながら行動しなければならないため疲れてしまいますよね。

しかし、地方では薬剤師が足りていません。薬剤師というだけで高い給料をもらえたり、採用のための接待を受けたりしてチヤホヤされることも多いです。

都心での競争に疲れた薬剤師は、地方でチヤホヤされながら働くことで心が満たされていく可能性があります。

都心では意識の高い薬剤師の中で、あれやこれやとダメ出しをされて自己肯定感も低くなってしまい働くのがイヤになってしまいますよね。

高いレベルの中で自分を磨くのも素敵ですが、壊れるほど疲れ切ってしまえば意味がありません。
もっと自分を大切にして下さいね。

都心で疲れた薬剤師は、地方に出稼ぎに行くことでお金と心の余裕の両方を手に入れることができます。

地方での生活が気に入れば、そのまま地方に移住してもいいし、疲れが癒えれば再び都心で自分を磨いても良いのです。

出稼ぎと聞くとガツガツ稼いでやろうと血気盛んな派遣薬剤師をイメージする人も多いですが、都心で疲れた薬剤師にも地方で出稼ぎはおすすめなのです。

出稼ぎに向いている地方を探すポイント

地方に出稼ぎといっても地方であればどこでもいいわけではありません。出稼ぎに向いている地方を選ばないと、せっかく出稼ぎに来たのに稼げないなんてこともあり得ます。

そこで、出稼ぎに向いている地方を探すポイントについてご紹介します。

その地方は薬剤師が不足しているか

地方で稼げる理由は、薬剤師が不足しており希少価値が高いからです。そのため、地方といっても薬剤師が足りている地方に行ってしまうと稼げません。

厚生労働省によると人口10万人当たりの薬剤師数は全国平均で190人です。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_3.pdf

この数字を上回っている地域は薬剤師が足りているということですが、東京や大阪、福岡などが挙げられます。

その他にも徳島、香川、高知、山口なども含まれており、都会のイメージがない県でも薬剤師は足りてきているのです。

しかし、全国平均を上回っているのは11都府県のみで残りの36道府県では下回っているので、その中から選んでいくのが重要です。

その時に注意が必要なのが、県別だけでなくさらに細かく薬剤師が不足しているか調査していくことです。

例えば、沖縄の10万人当たりの薬剤師数は全国平均を下回っていますが、平均年収も全国平均を下回っています。

沖縄の場合、薬剤師が沖縄市、那覇市、浦添市に集中しており、その他のほとんどの市町村では不足している状況です。薬剤師が0人の村もあるほどです。

このように県内でも地域によって薬剤師の需要が変わってくるため、市町村単位で調べていくことで稼げる派遣薬剤師の求人を探しやすくなります。

その地方に薬科大があるか

その地方に薬科大があるのかも重要なポイントです。薬科大があれば、地元の高校生が多く入学していることでしょう。

その学生達が薬剤師になった時に、そのまま地元で就職する可能性があります。

また、卒業後は都心で働いたとしてもUターン就職で地元に帰ってくる可能性も高いです。そのため、薬科大のある地方とない地方では薬剤師不足の深刻さが違います。

薬科大がなく、地元の子供たちが育った後にも採用の期待ができない状況だと好条件の派遣薬剤師求人を出すしかありません。

最近では薬学部の新設ラッシュで多くの薬科大が乱立しています。多くの地域に薬科大がありますが、その中でも薬科大がなかったり、まだ卒業生が出ていなかったりする地方を選ぶことが重要です。

まとめ

薬剤師は、これから過剰になっていくと予想されており、これからの給料の伸びには期待ができません。

それならば、まだ需要の足りていない地方へ出稼ぎに行くのはとても理にかなった方法です。
早く稼げば早く引退することも可能です。

なるべくなら早いうちに地方へ出稼ぎに行き稼ぎ切ってしまうのも大切な考え方ですよね。

派遣薬剤師なら「薬キャリ」、正社員で働きたいなら「マイナビ薬剤師」で求人探しからスタートしてみてください。